イベント

Best of Japan Drone Award

Best of Japan Drone アワードとは

Best of Japan Drone Award

ドローン産業の発展を奨励することを目的として、Best of Japan Drone アワード最優秀賞を贈り、表彰を行います。
部門ごとに出展者の応募の中から、有識者による事前審査会を通過した製品・サービス等をノミネートとし、ノミネートされた応募製品・サービス等を会期中の来場者による投票、最終日に行うオープンステージでの出展者による最終プレゼンを含めた総合評価で決定します。
ノミネートされるとメディア露出の機会が増え、採用、事業提携、ファイナンスなどで多くのメリットが期待できます。

事前審査会の評価基準は以下の5点
①独創性・新規性    ②品質または性能の優秀性   ③産業界および社会への貢献
④波及効果または実績  ⑤話題性または今後の期待度

Best of Japan Drone アワードにノミネートされたら?

販路拡大/
顧客との交流

商品の特徴、優位性を来場者に向けて直接発表できるため、通常の営業活動では接することのできない顧客とのネットワーク作りが可能です。また有力顧客には投票を依頼することで交流・親睦・意見交換などを図ることができます。

ブランディング

業界内外に企業名・ブランド名をアピールし、定着させることが可能です。

業界内外への
認知度アップ

対業界へのアピール、販促活動、採用、事業提携、ファイナン スなどでのメリットが期待でき、代理店募集などにもご活用ください。

新製品発表

会期中は、さまざまなメディアの取材誘致を行います。事前に自社でプレスリリースを対象媒体に送付し、新製品の発表の場としても活用できます。

2018年のBest of Japan Drone アワード2部門で最優秀を受賞し、その後、大きく飛躍された受賞者をご紹介します。

株式会社エアロネクスト

2017年4月 会社設立
主な受賞暦など
2018年3月 Best of Japan Drone Award 2018「ベンチャー部門」「ドローン関連テクノロジー部門 」 最優秀賞
2018年8月 深圳国際ピッチ大会 国内予選「Nanshan "Entrepreneurship Star” Contest 2018 Shibuya」優勝
(日本代表)
2018年9月 ICCサミット KYOTO 2018「リアルテック・カタパルト」優勝
2018年10月 B Dash Camp Fall 2018 in Fukuoka 「Pitch Arena」優勝、PERSOL賞
2018年10月 10月CEATEC JAPAN 2018「CEATEC AWARD 2018」経済産業大臣賞
2018年11月 深圳国際ピッチ大会「Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018」3位入賞、知的財産賞のダブル受賞
2018年11月 TechCrunch Tokyo 2018 Startup Battle 第3位
2018年12月 Infinity Ventures Summit 2018 Winter Kanazawa 「Launch Pad」優勝
2019年1月 2018年度第4四半期「Mizuho Innovation Award」受賞
2019年2月 ICCサミット FUKUOKA 2019「CATAPULT GRAND PRIX(カタパルト・グランプリ)」準優勝
2019年2月 SLUSH TOKYO 2019「Pitch Contest」FINALIST
2019年2月 EY Innovative Startup 2019 受賞
2019年3月 公益財団法人東京都中小企業振興公社の事業可能性評価事業(平成30年度1月期)において「事業の可能性十分あり」と評価
社業発展の足跡
2019年2月 4D GRAVITY®搭載ドローン『Next』シリーズの今後の商品化・量産化に向けて農業機械製造大手の小橋工業との業務提携を発表。
2019年2月 上空シェアリングサービスsora:share™を提供するトルビズオンと提携し、Fukuoka Smart East 構想の中で日本初の都市部での配送実証実験を実施することを発表。
2019年3月 VAIOと業務提携により4D GRAVITY®︎搭載の産業用ドローンの量産化の検討を開始
2019年3月 デジタルトランスフォーメーションのチェンジとのドローンサービスプラットフォームDaaSの開発とドローン・エコシステムの構築に向けた業務提携を発表。
2019年5月 深圳市に現地法人「天次科技(深圳)有限公司」設立
2019年6月 中国最大手の産業ドローンメーカーMMCと戦略的提携し、 4D GRAVITY®搭載ドローンの中国市場投入に着手。
2019年6月 中国産業ドローンメーカー大手のSMDと戦略的提携し、 物流用途の4D GRAVITY®搭載ドローンの事業開発の検討を開始。

出展者プログラム
4D GRAVITY®(Japan Drone 2018エントリー時)

出展者プログラム
田路代表取締役CEO
(Japan Drone 2018 会場内プレゼンテーション)

出展者プログラム
CEATEC JAPAN 2018
「CEATEC AWARD 2018」経済産業大臣賞

出展者プログラム
2019年6月 MMCと提携
MMC 卢致辉董事長と田路代表取締役CEO

出展・来場に関するお問い合わせ

Japan Drone 運営事務局
(株式会社スペースメディアジャパン内)

〒102-0083
東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル

TEL:03-3512-5672FAX:03-3512-5680

E-mail 出展のお問い合わせ:
E-mail 来場・その他お問い合わせ: