国際コンファレンス

  • ホーム >
  • 国際コンファレンス >
  • 3/22(木)

Japan Drone2018では、関連メーカーの方はもとより、ドローンで新規ビジネス参入をお考えの方まで、幅広い分野の方々のご要望にお応えできるプログラムをご用意しました。
皆様のご参加をお待ちしております。

無料講演

基調講演 Keynote Address

ドローンに関わる世界のリーダー、ビジョナリストをお迎えする基調講演。今年も海外から多くのスピーカーが集結します。ご期待ください。

特別講演 Special Sessions

ドローンをめぐる様々な課題を議論するパネルセッション。今年の大きなテーマ、物流、航空管制、地方活性化など豊富な内容を取り上げます。

有料講演 Innovation Seminar

ドローンに携わる第一人者をお迎えして専門性の高い内容をお話いただくドローンイノベーションセミナー。ドローンの今と近未来に対するヒントも満載。セッションごとのお申込みも可能です。ぜひご参加ください。

プログラム構成

  • 3月22日(木)
    5セッション 12:45 – 17:10
  • 3月23日(金)
    5セッション 12:45 – 17:10

コンファレンス料金

  • 1日券(3月22日 木)
    通常料金 20,000円(税込)
    早期割引料金 18,000円(税込):2018年3月9日(金)まで
  • 1日券(3月23日 金)
    SPAR Japanのみ
    通常料金のみ 10,000円(税込)
    ドローン・イノベーションセミナーのみ
    通常料金 20,000円(税込)
    早期割引料金 18,000円(税込):2018年3月9日(金)まで
    SPAR Japan、ドローン・イノベーションセミナーとのコンビチケット
    通常料金のみ 27,000円(税込)
  • 2日券
    通常料金 36,000円(税込)
    早期割引料金 32,000円(税込):2018年3月9日(金)まで
  • 1セッション
    通常料金 6,000円(税込)
    早期割引料金 5,000円(税込):2018年3月9日(金)まで

お申し込みはこちら

2018年3月22日(木)

※講演者は敬称略/順不同です

無料講演会場:国際会議場 2F コンベンションホールA

11:00 - 11:15

基調講演

日英同時通訳付

ウエルカムスピーチ

鈴木 真二

鈴木 真二

一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(JUIDA) 理事長

KA-1

11:15 - 11:45

基調講演

日英同時通訳付

欧州におけるドローン法制・運用の現状

欧州におけるドローンの国際機関UVS Internationalの責任者が語る欧州ドローン事情および運用の今。

TBD

Peter van Blyenburgh

UVS International President

詳細はこちら

KA-2

11:45 - 12:15

基調講演

日英同時通訳付

タレス社のドローンビジネスの現在

フランスを代表する航空関連会社タレスのドローン事業は物流を本格的に進めてきている。その現状を解説していただきます。

Olivier Rea

Olivier Rea

Head of UAV/RPAS Traffic Management Solutions at Thales Air Systems

詳細はこちら

KA-3

12:15 - 12:45

基調講演

日英同時通訳付

世界におけるドローン航空管制事情

今回始めてジャパンドローンとの同時開催となった国際的な航空管制協会(GUTMA)の幹部が世界のUTM事情を発表します。

Jonathan Evans

Global UTM Associaion

SS-1

13:00 - 14:00

特別講演

日英同時通訳付

パネルセッション:
ディープラーニングが実現する未来のドローン像

さまざまな分野への応用と技術的な進歩が加速度的に進むAI(人工知能)。それを支えるディープラーニング技術。そして、その応用分野のひとつとして近年注目を浴びるドローン。このセッションでは機体開発の側面とディープラーニング技術の双方の視点から、それらを取り巻く最新のトレンドや技術的な課題を考察し、ドローンの未来像・技術的な展望を提案する。

モデレーター

岩崎 覚史

岩崎 覚史

DRONE MEDIA 編集長

詳細はこちら

パネリスト

伊豆 智幸

伊豆 智幸

株式会社エンルートラボ 代表取締役

詳細はこちら

井﨑 武士

井﨑 武士

一般社団法人 日本ディープラーニング協会 (JDLA) 理事
NVIDIA合同会社 エンタープライズ事業部 事業部長

詳細はこちら

SS-2

14:15 - 15:15

特別講演

日英同時通訳付

パネルセッション:物流ドローン元年2018年を占う

今年の大きなテーマが物流ドローン。安倍首相の予言どおり2018年は物流元年となるか、そのテーマについて国内、海外の第一人者達に集まっていただき、議論します。今回は米国、欧州からの専門家はもとより、日本で物流ドローンに取り組むさまざまな立場の方に詳しく語っていただきます。熱い議論が期待されるセッションとなるでしょう。

モデレーター

鈴木 真二

鈴木 真二

一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(JUIDA) 理事長

詳細はこちら

パネリスト

原 尚史

原 尚史

株式会社NTTドコモ イノベーション統括部
事業創出・投資担当 担当部長

詳細はこちら

熊田 貴之

熊田 貴之

ブルーイノベーション株式会社 代表取締役社長

詳細はこちら

Moustafa Kasbari

Moustafa Kasbari

Atechsys

詳細はこちら

TBD

Andreas Raptopoulos

Matternet Founder & CEO

詳細はこちら

TBD

Ken Venn

UAV Industries Executive Director

詳細はこちら

SS-3

16:00 - 17:00

特別講演

日英同時通訳付

パネルセッション:ドローン産業における事業開発や、投資・スタートアップ支援最前線

ドローン産業における事業開発や投資・スタートアップ支援をテーマに、今後訪れるであろうドローン前提社会において提供したい価値を議論し、ドローン産業のエコシステムについて中長期的なビジョンを共有するセッションです。2018年ドローン産業の展望や注目分野などについて、産業セクター、学術セクターの視点から議論します。

パネリスト

千葉功太郎

千葉 功太郎

Drone Fund General Partner / Chief Dronist

詳細はこちら

坂本 義親

坂本 義親

株式会社ORSO 代表取締役社長

詳細はこちら

小関 賢次

小関 賢次

株式会社アイ・ロボティクス CEO

詳細はこちら

高橋 伸太郎

高橋 伸太郎

慶應義塾大学政策・メディア研究科 特任講師

詳細はこちら

有料講演 Drone Innovation Seminar会場:国際会議場 2F 201号室

DI-1

12:45 - 13:30

世界の産業用ドローンの動き日本の強みを活かし世界進出するための戦略とは

目まぐるしい勢いで変化している世界のドローン市場。日本では、国土交通省が建設業界における生産性の向上と労働環境の改善をICTなどを用いて行う「i-Construction」により、建築、土木分野においてドローンの導入は急速に進んでいます。また、2年前には世界に遅れていた管制システムも国の強力な推進で世界最先端になりつつあります。いかにドローン産業において世界のビッグプレイヤーになるのか、日本での経験やノウハウを活用する、その戦略について語ります。

徳重 徹

徳重 徹

テラドローン株式会社 代表取締役社長

詳細はこちら

DI-2

13:40 - 14:25

ドローンと燃料電池

UAV(ドローン)の普及の課題の1つはその飛行時間だと認識されています。ドローンの電力源としてバッテリー代替或いはハイブリッド電源として燃料電池技術を採用することで、現状の電池ベースの問題への1つの解決方法を与え、長時間飛行が実現可能になります。本セッションでは、ドローンへの燃料電池搭載の現状、今後の可能性と普及への課題を紹介します。

山川 正高

山川 正高

株式会社IE Japan 代表取締役社長

詳細はこちら

DI-3

14:35 - 15:20

楽天のドローン配送事業と空域管理システムについて

楽天は2016年5月に世界初の一般消費者向けドローン配送サービス「楽天ドローン」を開始しました。配送に特化したドローンを共同開発すると共に誰にでも簡単にドローンを操作できるアプリケーションを開発し、離陸から荷物の配送、そして帰還までの一連の動作の完全自律化が可能になっています。2017年3月には楽天AirMap社を設立し、ドローン航空管制ビジネスに参入。2017年12月に日本マーケットにむけサービスの提供を開始。本セッションでは、これまでの取り組みを中心に紹介し、ドローン配送の今後の展望及び楽天Airmapの手がける航空管制ビジネスについてもご説明します。

陰山 貴之

陰山 貴之

楽天AirMap株式会社 事業開発部長

詳細はこちら

DI-4

15:30 - 16:15

ドローン技術におけるソフトウェアの現状

ドローンにおけるソフトウェアの重要性はますます高まりを見せています。オープンシステムから独立システムまで、現在のソフトウェアの実情、課題をさまざまな角度から検証、解説します。

春原 久徳

春原 久徳

ドローン・ジャパン株式会社 会長

詳細はこちら

DI-5

16:25 - 17:10

インドアフライト技術の開発とサービス化へ向けたロードマップ

近年、ドローンを利用したさまざまな取り組みが行われています。インドアフライト技術の開発は、危険を伴う高所、橋の下、トンネルの中の点検などにおいて極めて重要です。さらに、障害物を自動回避しながら自動飛行できるドローンを用いることで、高所・危険作業現場での安全な精密点検が可能になり、ドローンの社会的有効利用に拍車がかかることが期待されます。性能・信頼性向上のため、さらなる現場での実証試験の重要性についてお話します。

那須 隆志

那須 隆志

ブルーイノベーション株式会社 取締役
ソリューションサービス担当役員

詳細はこちら

※これらの情報は2018年1月30日現在のものです。都合により内容や講演者が変更になる場合がございます。

出展に関するお問い合わせ

Japan Drone 運営事務局
(株式会社スペースメディアジャパン内)

〒102-0083
東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル

TEL:03-3512-5672FAX:03-3512-5680E-mail: